名刺の役割とは

名刺は渡す相手に自分を知ってもらうことができます。なぜなら、所属している会社名や電話番号やFAX番号などや名刺には持つ人によっては、役職や資格などが記載されているのです。そして、名刺を渡すことによって自分の情報を相手に伝え、信頼してもらうことができます。

名刺作りは業者依頼が便利!無料のサービスでお得に作成

名刺

名刺を作る方法

名刺は自分で作ることができます。WordやExcelだけでなく、プレゼーションソフトのPowerPointやイラストを描くときに利用するIllustratorを使ってデザイン性をアップすることが可能です。簡単に作りたいというときにはWordでの作成がおすすめです。
Wordで作ってから、自宅にプリンタがあれば自宅にて、プリンタがなければコンビニに置いてあるコピー機で印刷することができます。

男性

印刷業者へ依頼するメリット

自分でソフトを利用して作成できますが、みんなが簡単にできるわけではありません。また、社員の分を作るとなると時間もかかりますから、手間でしょう。そのため、業者へ依頼したほうがいいです。依頼する一番のメリットはずばりこの手間を省くことができる点です。名刺の作成は、用紙を決めたりデザインを決めたりしてから調整、印刷など慣れるまで予想以上に時間がかかります。業者が用意している豊富なテンプレの中から選ぶことができますし、名刺に記載したい情報を入力すればあとは完了を待つだけです。

名刺

優良な印刷業者の探し方

名刺を外部に依頼しようとしても、業者は数多くあるため迷ってしまいますね。迷ったときには、無料見積もりをしたり今までの実績に注目したりしてみましょう。価格の安さやできあがりまでの早さも重要ですが、名刺は自分の情報を伝えるための大切なツールです。できの悪い名刺は、自分だけでなく会社の信用にも関わります。質の高い名刺を作ってくれる業者を探すためにも、これまでの実績を確認し、任せることができる業者を選びましょう。

名刺印刷の依頼で気をつけたいこと

名刺

業者の評判などのチェックを忘れない

最近はネットで業者に名刺作成を依頼することができます。便利ですが、中には悪質業者もいるため気をつけましょう。そのため、はじめて利用するときには口コミなどで利用したことのある人のコメントをチェックしてから依頼しましょう。

コストを抑え過ぎて質を落とさないようにする

コストを抑えたいからと、低価格に注目するのは避けましょう。
低価格には、それなりの理由があります。一番多い理由は紙の質です。質を落としてしまうと、渡す相手に印象が悪くなってしまう可能性があります。名刺はその会社・本人の第一印象をつけるために大切なツールです。質を落とし過ぎないようにしましょう。

デザインデータの入稿前にサイズなどを確認

名刺のデザインデータは基本的には依頼する側が作成します。
業者側のツールを使って作成するときには心配がありませんが、デザインテンプレートを使って作成するときには、規定に沿って作成しないと、実際に印刷したときにはみでてしまうケースもあります。データを入稿する前にサイズやカラー設定などを業者としっかり確認しましょう。

無料で見積もりをしてもらおう

はじめての名刺作成や名刺業者の変更を検討しているときには、見積もりを取りましょう。見積もりは無料で依頼することができます。Webから依頼することもできますし、自分で用紙などを選択して作成することができる簡単見積もりの作成も可能です。少し手間はかかりますが、比較するために3社ほどは見積もりを取得しておくことがおすすめです。

名刺作成依頼前に知っておきたい質問や疑問!

名刺

自分で作成したデータからコストの料金を出してもらえますか?

はい、作成したデータから実際にかかるコストを算出することが可能です。
データをチェックしてから算出するため、リアルタイム算出はできませんが、早い場合には当日の返答が可能です。

Webでの見積もり依頼ではなく、電話でも可能ですか?

見積もり依頼はWebでも電話でのご依頼でもできる場合がほとんどです。ただ、Webでは24時間見積もり依頼を受け付けておりますが、電話では営業時間内となります。

使用される用紙がわからないのですが?

Webサイトにて、用紙の詳細も記載されているページがあります。急ぎの作成でなければ、サンプル請求から取り寄せが可能です。時間があるようでしたら実際に見てから選ぶのがおすすめです。

データの作成するときの注意点はありますか?

作成いただいたデータでの一番多い不備は、アウトラインです。アウトライン化されていないデータを入稿するときが多く、作成時にフォントが変わってしまうため、イメージと異なる仕上がりとなってしまいますので、ご注意下さい。